HOME > 出版物 > [パンフレット類] 制度紹介・事業説明用 > 「保安林のしおり(平成29年版)」

出版物

保安林のしおり(平成29年版)

パンフレット類制度紹介・事業説明用

保安林のしおり(平成29年版)

保安林の重要性や保安林制度のあらましをイラストと写真でやさしく紹介したパンフレットです。

著者 ---
定価 237円 (本体220円)
ISBN ---
体裁 A4判 カラー 16頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

 

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらの
お申込書(Excel)もご活用下さい。

 

保安林の重要性や保安林制度のあらましをイラストと写真でやさしく紹介するパンフレットです。特集では、まちの郊外のダム湖に出かけた仲良しトリオが、水源地からまちまで電車の車窓から眺めた沿線の暮らしを守るさまざまな保安林と出会い、森林の大切さを再認識する様子や、森林の水源涵養機能、山地災害防止機能、風致保全機能、防雪機能などをマンガで楽しく紹介しています。
一般の方にも楽しくお読みいただけます。また、特定保安林制度のあらましや、指定施業要件の主な内容も掲載しています。
 
2017(平成29)年3月14日発行

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

 
■特集 保安林小さな旅 -保安林の車窓からの巻-
水源地からまちまで、鉄道沿線の暮らしを守る保安林にスポットを当て、各種保安林の働きと役割をマンガで楽しく紹介しています。

■私たちの暮らしを守る保安林
    17種の保安林紹介/保安林面積の現況

■保安林制度のあらまし
    保安林制度のしくみ/特例措置等と行為制限について

■指定施業要件について
    皆伐をする場合/択伐(抜き切り)をする場合/間伐をする場合/
    伐採跡地への植栽

■保安林としてふさわしい働きをするように
    特定保安林制度/保安林で行われている治山事業の紹介

■保安林質問箱

 

この本を購入する