HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「林業新知識」 > 「林業新知識 2015年7月号」

出版物

林業新知識 2015年7月号

雑誌月刊 「林業新知識」

林業新知識 2015年7月号

特集「定年後の収入源にも最適。自山でマツタケを採ろう!1」

著者 全国林業改良普及協会
定価 3,680(年間購読料/税・送料込)円
ISBN ---
体裁 B5判 24頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。

バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。

定価236円(税込み)(本体219円、送料70円)
年間購読料定価3,680円(税・送料込) 

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

特集「定年後の収入源にも最適。
自山でマツタケを採ろう!1」...8

藤原儀兵衛さん(長野県)

「所有林でマツタケが採れたら......」
 そう考えたことはありませんか。スギやヒノキ、カラマツなどの一斉林ではさすがに難しいですが、アカマツの生える山さえあれば、マツタケを採ることは夢ではありません。
「うちにマツ山はあるけど、マツタケなんて聞いたこともない」。今月の特集は、そんな方にこそ、ぜひ読んでいただきたい記事です...

基礎技術シリーズ 分かりやすい造林・育林講座...4

「植えた後、どんな世話が必要ですか? 枝打ち」
文・原島幹典(岐阜県立森林文化アカデミー教授)

 「枝打ち」は文字通り、林木の枝を刃物で打ち落とす(切り落とす)作業です。主な目的は無節材の生産ですが、他にも林内の光環境改善や病虫害防除などを目的とする場合もあります...

山を継ぐ...1

「平日医療、休日林業。山に帰る家系」
山川弘保さん一家(岐阜県)

 岐阜県郡上市は岐阜県中央部に腰を据える広大な市である。2004年に旧郡上郡の7町村が合併したのだ。さて、市の北部にある旧高鷲村の小集落、明谷には、山川弘至記念館がある...

お悩み相談室...17
「地域の行事や伝統が廃れてきて寂しい...」

みんなで作ろう!...10

「ドラム缶炭窯」
三次市森林・林業研究会(広島県)

こちら林業普及指導員です...20

新潟県・島根県

読者コーナー...22
木材市況・全林協からのお知らせ...24

この本を購入する