HOME > 出版物 > [単行本] 森林と林業を知る本 > 「平成28年版 森林・林業白書 (林野庁編) 」

出版物

平成28年版   森林・林業白書   (林野庁編) 

単行本森林と林業を知る本

平成28年版 森林・林業白書 (林野庁編) 

日本の森林・林業を取り巻く動向を解説し、森林・林業施策について報告する「森林・林業白書」の最新版です。

著者 編集:林野庁 発行:全林協
定価 2,376円 (本体2,200円)
ISBN ISBN978-4-88138-337-7
体裁 A4判 カラー 間伐紙使用

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する


 *FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。  

トピックスでは、木材自給率の回復、東京オリンピック・パラリンピック競技大会における木材利用、ミラノ国際博覧会での木材の魅力の発信、COP21の「パリ協定」における森林の重要性など6つの話題について記述しています。
また、特集章においては、「国産材の安定供給体制の構築に向けて」をテーマに、森林資源の充実と国産材供給の現状を分析し、国産材の安定供給の意義と考え方を記述するとともに、安定供給体制の構築に向けた取組の現状と今後の課題について整理しています。
 行政担当者や林業に携わっている方をはじめ、森林・林業に関心のあるすべての方に必携の一冊です。
 
< 平成28年6月14日発行> 

 

主要目次

第1部 森林及び林業の動向
 
トピックス
1.木材自給率が30%台まで回復
2.東京オリンピック・パラリンピック競技大会における木材利用
3.ミラノ国際博覧会で木材利用の魅力を発信
4.COP21で採択された「パリ協定」において森林の重要性を認識
5.国有林の保護林制度が創設から100年
6.林業・木材産業関係者が天皇杯等を受賞
 
第Ⅰ章 国産材の安定供給体制の構築に向けて
1.森林資源の充実と「林業の成長産業化」
2.国産材の安定供給体制の構築の意義と考え方
3.安定供給体制の構築に向けた取組の現状と今後の課題
 
 第Ⅱ章 森林の整備・保全
1.森林の現状と森林の整備・保全の基本方針
2.森林整備の動向
3.森林保全の動向
4.国際的な取組の推進
 
第Ⅲ章 林業と山村
1.林業の動向
2.特用林産物の動向
3.山村の動向
 
第Ⅳ章 木材需給と木材利用
1.木材需給の動向
2.木材産業の動向
3.木材利用の動向
 
第Ⅴ章 国有林野の管理経営
1.国有林野の役割
2.国有林野事業の具体的取組
 
第Ⅵ章 東日本大震災からの復興
1.復興に向けた森林・林業・木材産業の取組
2.原子力災害からの復興
 
 
第2部 平成28年度 森林及び林業施策
 
概説
Ⅰ 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
Ⅱ 林業の持続的かつ健全な発展に関する施策
Ⅲ 林産物の供給及び利用の確保に関する施策
Ⅳ 国有林野の管理及び経営に関する施策
Ⅴ 団体の再編整備に関する施策
 
参考付表
国民経済及び森林資源/森林の整備及び保全/林業/林産物/木材産業等/
海外の森林/国有林野事業/その他
 
用語の索引
 
 

 

関連おすすめ書籍

この本を購入する