HOME > 出版物 > [単行本] 技術を伝える本 > 「ロープ高所作業(樹上作業)特別教育テキスト」

出版物

ロープ高所作業(樹上作業)特別教育テキスト

単行本技術を伝える本

ロープ高所作業(樹上作業)特別教育テキスト

安衛則第36条・第39条・安全衛生特別教育規程第23 条に掲げる 業務に係る特別教育用テキスト。 特別教育を必要とする業務「ロープ高所作業(樹上作業)者」のための 必携テキスト!

著者 アーボリスト®トレーニング研究所
定価 3,024円 (本体2,800円)
ISBN 978-4-88138-350-6
体裁 A4判 120頁カラー

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

 

 

特殊伐採作業者、アーボリスト、空師 必携!

厚生労働省による労働安全衛生規則等の改正で、「ロープ高所作業」への規程が新設され、作業をする方に、災害防止対策に向けた特別教育を行うことを義務付けました。
本テキストは、特別教育の科目に沿って、写真・図解でわかりやすく解説し、ロープ高所作業(樹上作業)への知識や安全について修得できる内容になっています。
 
 
 【教育科目】
1 ロープ高所作業に関する知識
  ・ロープ高所作業の方法
2 メインロープ等に関する知識
  ・メインロープ等の種類、構造、強度、取り扱い方法
  ・メインロープ等の点検と整備の方法
3 労働災害の防止に関する知識
  ・墜落による労働災害の防止のための措置
  ・安全帯、保護帽の使用方法と保守点検の方法
4  法令関係
  ・法、令、安衛則内の関係条項
5 その他、災害事例-飛来落下、墜落、バーバーチェアなど

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

 1章 樹上におけるロープ高所作業に関する知識

  この章の目的  
  1-1 樹上作業(ツリーワーク)  
  1-2 ロープ高所作業に係る特別教育の内容
  1-3 ロープ高所作業の定義
  1-4 樹上作業(ツリーワーク)で使用する器具
  1-5 樹上作業(ツリーワーク)で使用する器具の強度
  1-6 樹上作業(ツリーワーク)でのライフラインの設置
   1-6-1 樹上作業におけるメインロープとライフラインの種類
   1-6-2 クライミングロープを使用した作業方法の種類
   1-6-3 ワークポジショニングシステムとロープアクセスシステム
   1-6-4 クライミングロープを使用した樹上作業例
   1-6-5 クライミングロープを使用した法面作業例
  1-7 作業手順
  1-8 ロープ高所作業時の実施事項
  

2章 メインロープ等に関する知識

  この章の目的
  2-1 メインロープ等一般的な種類、構造、強度、取り扱い方法
   2-1-1 ロープの一般的な種類、構造
   2-1-2 ロープの強度、取り扱い方法
   2-1-3 主なギア(器具)類 
  2-2 メインロープ等の点検と整備の方法
 

3章 労働災害の防止に関する知識

  この章の目的
  3-1 墜落による労働災害防止のための措置
   3-1-1 ロープの部分における名称
   3-1-2 ロープワーク
   3-1-3 作業手順(現地事前調査、作業計画、作業前ミーティング、作業前点検、
       ゾーニング、木へのエントリー、登攀、降下ほか)
   3-1-4 その他注意事項(悪天候時の作業の中止、照度の保持、振動障害予防について)
  3-2 安全帯、保護帽の使用方法と保守点検の方法
 

4章 関係法令

  4-1 労働安全衛生法(抄)
  4-2 労働安全衛生規則(抄)
  4-3 安全衛生特別教育規程(抄)
  4-4 関係通達(抄)(改正の趣旨、改正の要点、細部事項)
 

5章 災害事例

  災害事例 1(ウィップバック)
  災害事例 2(飛来落下)
  災害事例 3(ストラックバイ)
  災害事例 4(墜落)
  災害事例 5(墜落)
  災害事例 6(バーバーチェア)
  災害事例 7(墜落)
  災害事例 8(倒木による隣接施設の損傷)
  災害事例 9(墜落)
 

関連おすすめ書籍

この本を購入する