HOME > 出版物 > 林業改良普及双書 > 「No.134 山の法律相談室」

出版物

No.134 山の法律相談室

林業改良普及双書

No.134 山の法律相談室

山の関係者の悩みに、弁護士が具体的に回答。

著者 藤本猛
定価 996円 (本体923円)
ISBN ISBN978-4-88138-076-5
体裁 新書判

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。

森林組合の運営、山林の境界、損害賠償、相続、贈与などの悩みに藤本弁護士が具体的に答える。
 

主要目次

1 森林組合

産業廃棄物運搬トラックが森林組合所有の林道に乗り入れ、防護柵を壊すなどで困っている。通行禁止できないか?
森林組合による除伐中の事故で負傷した人に、組合は労災適用外の治療費まで保証すべきか?
他3テーマ 

2 地上権・地役権

父が買った地上権付き山林に新植し、育林に精を出す毎日。地上権の期間延長か、所有権を移転させることはできないか?
他3テーマ

 3 相続

山林を口約束だが贈与され造林を続けてきた。父が死去すると弟は山も遺産の対象だとの一点張り。
他4テーマ

4 地籍調査

まちの地籍調査の結果、私道だったものが公道と見なされた。この勝手な公道を抹消したいが、どのような手続きをとればいいか?
他1テーマ

5 売買契約ほか

スギ200本見込み材積100立方メートルを慣行により売却。後日、材積減少分の返却を求められたが。
他4テーマ
弁護士と相談するには  

この本を購入する