HOME > 出版物 > [単行本] 技術を伝える本 > 「実践マニュアル 提案型集約化施業と経営」

出版物

実践マニュアル 提案型集約化施業と経営

単行本技術を伝える本

実践マニュアル 提案型集約化施業と経営

提案型集約化施業について、 実践者がわかりやすくまとめたテキストです。

著者 湯浅 勲 編著
定価 2,376円 (本体2,200円)
ISBN ISBN978-4-88138-189-2
体裁 B5判 136頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

 *FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。

1)本書は、地域森林管理を進めるための実践テキストです。
2)地域ぐるみ(団地化など)の森林管理を進めるためのノウハウ、
  技術が、実践例でわかります。
3)トータルでものを見る力が身につきます。

●内容

はじめに 自ら進むべき道を求めて
 PART1 なぜいま林業がチャンスなのか
 PART2 チャンスを現実のものとするために
 PART3 地域森林管理の手法―団地化に向けて
 PART4 提案型集約化施業の手順と完了報告
 PART5 作業システム選択の考え方
 PART6 作業道づくりのポイント
 PART7 現場作業の段取り・管理
 PART8 経営を知る―作業を検証し改善する
 PART9 対象林の目標林型を考える
 PART10 材の売り方デザイン

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

著者プロフィール

湯浅 勲 編著

藤森 隆郎(ふじもり・たかお) 農学博士:専門分野は、森林生態学・造林学。研究内容は、森林生態学に基づく森林の多様な機能を発揮させるための育林技術など。主な著書に、『新たな森林管理 持続可能な社会に向けて』『森林生態学-持続可能な管理の基礎』。

梶山 恵司(かじやま・ひさし) 株式会社富士通総研 経済研究所主任研究員:林業・木材産業を主たる調査研究対象にするとともに、全国各地で林業再生の実践にも取り組む。林業関係の主な論文に「21世紀日本の森林・林業をどう再構築するか」、「ドイツとの比較分析による日本林業・木材産業再生論」がある。

湯浅 勲(ゆあさ・いさお) 日吉町森林組合参事:「一人ひとりの職員がイキイキ」をモットーに職場改善を進めてきた。提案型集約化施業のモデルとなる「森林プラン」で地域の間伐をすすめ、その明快な仕事のすすめ方で地域の森林所有者との信頼を築いてきた。著書に『山も人もいきいき 日吉町森林組合の痛快経営術』。

大橋 慶三郎(おおはし・けいざぶろう) 大阪府指導林家:作業道づくりの第一人者。自らが木馬道をつくり、木馬を引き、その経験と深い洞察力をもとに、昭和40年代に所有林に「高密林内路網」を完成させた。その路網と「生命力を重視した間伐法」によって、半世紀にわたり中間収穫を続けている。著書に『大橋慶三郎 道づくりのすべて』。

坪野 克彦(つぼの・かつひこ) 株式会社フォレスト・ミッション代表取締役。中小企業診断士:中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家の立場から、全国の森林組合等の林業関係組織への経営改善支援・経営革新支援等を行っている。現場主義・実践主義・行動主義をモットーに成果の出る経営支援を心がけている。

藤野 正也(ふじの・まさや) 京都大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻。森林・林業政策学分野博士課程

主要目次

はじめに 自ら進むべき道を求めて
PART1 なぜいま林業がチャンスなのか

 外材圧減少・国産材需要増/資源の成熟/林業は儲かる産業/林業の位置づけ

PART2 チャンスを現実のものとするために

  これからの林業に必要とされる条件/森林管理・経営の担い手/伐期の経営的意味

PART3 地域森林管理の手法―団地化に向けて

 地域森林管理のデザイン(1)―地域の林業経営条件を知る/地域森林管理のデザイン(2)―持続的な経営を目指す/なぜ団地化か―そのすすめ方・手順/  所有境界の確認は基本事項/団地化―現地説明会や懇談会を活用する/コラム 間伐実施に向けた「地区懇談会」の効果を高める/所有者ごとの森林内容調査

PART4 提案型集約化施業の手順と完了報告

  提案型集約化施業の意義/提案型集約化施業の手順/施業の提案書作成―全体デザインを決める/完了報告

PART5 作業システム選択の考え方

  作業システムの基本/傾斜に応じた作業システム/路網と作業システム/間伐方式と機械の組み合わせ

PART6 作業道づくりのポイント

 作業道とは?/道の計画 /路網の計画に当たって留意すること/計画の手順/現地踏査/水の処理/施工のポイント

PART7 現場作業の段取り・管理

  現場管理の手法/現場の把握と工程表/作業道の開設/選木と間伐/造材/搬出と材の選別・目標とする生産性/作業記録の仕方

PART8 経営を知る―作業を検証し改善する

  経営の基本原則/健全経営の取り組み/人材を育てる― 人の心組み/人材を育てる―上司の責任/森林組合の収益構造の実情と問題点/提案型集約化施業におけるコストの仕組み/コスト管理の基礎/コスト管理の実 践 /製造業としてみた素材生産事業/高性能林業機械についての経営的な考え方/実践事例にみる提案型集約施業の経営的効果/提案型集約化施業の経営シミュ レーション

PART9 対象林の目標林型を考える

  求められる機能に応じた目標林型/目標林型に沿った管理・施業が費用対効果を高める/手遅れ間伐林分の施業法

PART10 材の売り方デザイン

  山を豊かにする木材の売り方いろいろ/有利な販売条件づくり― 材をまとめる、流通の工夫/市場を知り、商品を創る

関連おすすめ書籍

この本を購入する