HOME > 出版物 > [パンフレット類] 制度紹介・事業説明用 > 「林地開発許可制度」

出版物

林地開発許可制度

パンフレット類制度紹介・事業説明用

林地開発許可制度

林地開発許可制度のポイントと事務手続きの流れについて紹介したパンフレット「林地開発許可制度」の最新版。

著者 ---
定価 206円 (本体191円)
ISBN ---
体裁 A4判 カラー 8頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。
         
林地開発許可制度のポイントとなる「対象森林」「開発面積」「許可の基準」「森林率と森林の配置」
「監督処分と罰則」、そして事務手続きの流れについて紹介したパンフレットです。
平成29年度より罰則が強化され、懲役刑が設けられるとともに、罰金も引き上げられたことを併せて
周知します。
森林所有者をはじめ、開発事業に関わる関係者、一般の方にも理解しやすいよう、イラストの
キャラクターを用いて一問一答式で制度のポイントをわかりやすく紹介しています。
制度に関する説明や広報などにぜひご利用下さい。
 
発行:2017(平成29)年6月

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

対象となる森林は?
制度の対象となる森林を、用語解説も交えてわかりやすく紹介します。

対象となる開発行為は?
制度の対象となる開発行為について、イラストでわかりやすく紹介します。

許可の基準は?
許可の基準となるチェックポイントについて紹介します。

環境を守る働きを保つ目安は?
森林の働きに配慮した開発計画、森林の残し方について、ポイントを絞って紹介します。

無許可で1haを超える開発をしたら?
無許可や不正な手段で行われる開発があった場合の監督処分や罰則について紹介します。
制度改正により平成29年度より罰則が強化されたことを併せて周知します。

手続きの方法は?
開発計画から完了までの基本的な手続きの流れを紹介します。
 
林地開発許可制度質問箱
いろいろな質問にお答えします。 

 

関連おすすめ書籍

この本を購入する