HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「林業新知識」 > 「林業新知識 2011年4月号」

出版物

林業新知識 2011年4月号

雑誌月刊 「林業新知識」

林業新知識 2011年4月号

技芸の風 畑仕事の合間に100日林業 浅香征夫さん(群馬県)

著者 全国林業改良普及協会
定価 3,560(年間購読料/送料込み)円
ISBN ---
体裁 B5判 24頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。

定価230円(本体220円送料68円)
年間購読料定価3,560円(本体3,391円送料込み) 

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

技芸の風
「畑仕事の合間に100日林業」…1

浅香征夫さん(群馬県)

「今年は元旦から山に行ったよ。お客が夕方まで来ないって言うんで、山の方が楽しいからね」と、浅香征夫さん。元旦からユンボに乗って山仕事というのには驚かされた。
 お伺いしたご自宅は、「ちぃじがき」と呼ばれる小石を積んだ石垣と段々畑に囲まれた集落にある。母屋は、養蚕農家を代表する造りそのままに、山の暮らしを物語る佇まいを見せている・・・

グループで実践 山の幸栽培

「マツタケ」…6

松野木まつたけ研究会(青森県)

山のよろず講座

「木を傷めない木登り道具①ぶり縄の作り方」…8

山本晃治さん(岐阜県)

 枝打ち名人の山本晃治さん(51歳)は、岐阜県関ヶ原町の今須地区で、ぶり縄を使った枝打ちを行います。ぶり縄とは、縄の両端に棒を結びつけたシンプルで伝統的な木に登るための道具です。棒を一本ずつ交互に設置しながら木を傷つけることなく登ることができます。またコンパクトに持ち運びできるため、山本さんはこの道具を愛用します・・

魅力再発見の樹木図鑑

「シキミ」…10

文・川尻秀樹

道具入門 現場の技

「年は関係ない!体が楽なトビの使い方」…12

山中宏男さん(高知県)

トビ1本あれば、手で動かせない丸太でも引いたり、持ち上げたり、転がすことなどが楽にできます。
便利な道具ですが、力ずくで使っていると体を痛めることがあるようです。そこでトビ歴50年の山中宏男さん(68歳)に体が楽なトビの使い方を伺いました・・・

こちら林業普及指導員です…15

滋賀県・茨城県

お悩み相談室

「女性林研で出かけると夫に叱られる…」…17

山を継ぐ

「現役引退は助け船を出す準備」…18

砂田則夫さん一家(鹿児島県)

 鹿児島県霧島市は、大隅半島の付け根付近に位置する新しい市である。砂田樹苗園の砂田則夫さん(写真左)、そして孫である砂田博文さん(写真右)が暮らしているのは、霧島市南部のかつての福山町である。則夫さんは、物心ついた頃から、ずっと木材、山の仕事を身近に感じて育ってきた。父親の紋次郎さんが、木材を扱う仕事であったからだ・・・

相続最前線その時あなたならどうする?…20

「3年間に2度の相続仲間に助けられた」…20

村上正八さん(熊本県)

私は、年齢37歳、見た目50歳。妻1人、子4人、母、祖母の8人家族で、現在、母と2人でシイタケ栽培と間伐で林業経営をしています。 山林は35haぐらいで(地籍調査が済んでおらず、詳細は分かりません)、天然林が1ha、スギ・ヒノキが25ha、残り9haがクヌギという割合です。それとは別に地域外の人の山林管理もやっており、それが20haぐらいあります・・・

読者コーナー…22
木材市況
全林協からのお知らせ…24 

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

この本を購入する