HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「現代林業」 > 「現代林業 2011年10月号」

出版物

現代林業 2011年10月号

雑誌月刊 「現代林業」

現代林業 2011年10月号

【特集】再生プラン。私は林業をこうしたいシリーズ3

著者 全国林業改良普及協会
定価 5,700(年間購読料/送料込み)円
ISBN ---
体裁 A5判 80頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。

定価400円(本体381円送料76円)
年間購読料定価5,700円(本体5,429円送料込み)

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

【特集】再生プラン。私は林業をこうしたいシリーズ3

国産材利用 川上・川下の持続的で健全なビジネスを

  遠藤日雄 鹿児島大学教授
    ●「川上」・「川下」の視点から見た戦後の森林・林業政策
    ●「川上」・「川下」を連動させる新たな素材生産の担い手 

 国が打ち出した木材自給率50%の目標達成に向け、大手住宅メーカーや中堅ビルダーで国産材を採用する動きが広がっている。これまで国産材利用を住宅販売のキャッチフレーズにしながらも、為替相場が円高局面に入ると、手の平を返したように外材に鞍替えした住宅企業も今度はそう簡単に外材回帰にならないようだ。その一因として国産材製材業が確実に力をつけていることがあげられる・・・

◆フォト・レポート ・・・・1
林業用グラップルで東日本大震災復興支援活動
恵南森林組合ボランティア部隊の記録(岐阜県恵南森林組合)  
木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄・・・28 
地域材利用の体制整備をどう進めるか
「つくる能力」ではなく「売る力」が重要 
いざ実践!森林境界明確化の戦略と戦術◆竹島喜芳・・・30

森林境界明確化の小戦略 「測量」

 森林境界明確化に取り組みはじめた当初、私は「測量」に一番関心がありました。理由は、森林境界明確化を卒業生の「起業のネタ」にしようと思っていましたから、測量は卒業生の飯のネタにピッタリだと考えたからです。測量は運送業と同じで、どんなに社会が発展しようと「どーしても人を介さないとできない仕事」です。労働者のパイは安定していて大きいのです・・・ 

レポート◆内村直也・・・・38

高知県協働の森づくり 

人が変わる、組織が変わる、地域が変わる 森づくりファシリテーター 6 森づくりファイ知りテーター全国ネットワーク・・・46

環境保全活動を進行する現場リーダー

藤森隆郎が訪ねる新たな森林管理の現場・・・46

お役に立ちます!最新研究紹介・・・・・・・・・・・・・52

スギ再造林の低コスト化を目指した技術開発(3)
―再造林コストはどこまで下げられるのか?―
鹿又秀聡
林研グループが応援します!新潟県/頸北林業研究会・・・50

プロの指導を得て自伐施業を目指す

普及員実践日誌◆熊本県 林業普及指導員 蒲池浩平・・・56 

「木による街づくり」活動

樹上を科学する 世界のアーボリストたち  4・・・・66

自数々の巨木を移植した奇跡を呼ぶアーボリスト(ジョバンニ・ウゴ)

ジョン・ギャスライト 

提案型集約化施業 成功をつかむ実践術・・・・68 

山側における木材生産・販売の基本的な考え方

坪野克彦 

今回は、集約化施業や素材生産を考える上で重要な「木材販売」をテーマとします。全国各地を回って、林業関係者と話をすると、決まって出てくるのが「材価が上がらないことにはどうにもならない」「材価があがると林業が抱えている殆どの問題は解決する」などという意見です。木材価格の重要性はいまさらいうまでもないことです・・・・ 

法律相談◆北尾哲郎・・・74

電力会社のために所有林に地上権を設定したが、地主は、その山林についてどのような利用が許されるのでしょうか。

●日本林業アーカイブス 森林鉄道の記憶―木曽・王滝森林鉄道編―

モーターカー・・・9

●わがまち木造自慢 

社会福祉法人奥入瀬会有料老人ホーム 「あゆみの里」(青森県おいらせ町)・・・63

●読者のお悩み相談/後藤國利・・・72

森林組合の組合長と理事に発想を切り替えてもらうには

●表紙の人 山形陽子さん (株)オロチ(鳥取県)・・80

表紙●岩渕光則 フォト●恵南森林組合ボランティア部隊

この本を購入する