HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「現代林業」 > 「現代林業 2013年5月号」

出版物

現代林業 2013年5月号

雑誌月刊 「現代林業」

現代林業 2013年5月号

特集 遠藤日雄・鹿児島大学教授に聞く―丸太価格対策 地域レベルの需給調整機能をどうつくるか?

著者 全国林業改良普及協会
定価 5,850(年間購読料/税・送料込み)円
ISBN ---
体裁 A5判 80頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。 

定価400円(本体381円送料76円)
年間購読料定価5,700円(本体5,429円送料込み)

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

【特集】 遠藤日雄・鹿児島大学教授に聞く―丸太価格対策
     地域レベルの需給調整機能をどうつくるか?

  ●情報共有が流通レベルの需給調整のカギ

  ●流域レベルのサプライチェーン構築を

  ●流域内プレイヤーの合意形成

  ●需給調整コントロールセンター創出に向けて  

編集部:今回のインタビューでは、木材価格暴落を受けて、地域内での木材需給調整機能をいかにつくっていくかをテーマにお話を伺っていきたいと思います。まず最初に、流域レベルの需給ミスマッチについて現状の整理をお願いします・・・ 

◆フォト・レポート ・・・・1 

 ジャイアントセコイアプリザベーションプロジェクト

日本の間伐技術でアメリカの森を守る

中部大学教授、ツリークライミングoRジャパン代表 ジョン・ギャスライト 

木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄・・・30

 木の品質を考える

「節」はやっぱりやっかいな存在

お役に立ちます!最新研究紹介・・・・・・・・・・・・・34

ヒノキ巻き枯らし材の材質劣化について   田中 誠

 本研究は「人工林の強度な間伐の有利性と森林の機能に与える影響研究」の一課題としてスタートしたものです。この研究は、材価の低迷が続き放置される森林が増える中、コスト削減と公益的機能の向上等を狙いとして平成18年度から22年度まで行ったもので・・・・・  
フォレスター登場で実現したいこと―地域経営でのフォレスター活動モデルを探る
フォレスター活動モデル1 計画作成支援(2)・・・・・・・・・・・・・40
藤野正也
林研グループが応援します!◆島根県/出雲市林業振興協議会・・・48

幼稚園児の森林教室、親子で植林

普及員実践日誌◆北海道 林業普及指導員 坂本一広 ・・・50  

実効性のある「市町村森林整備計画」作成と実行管理

~地域の森林・林業の再生に向けた准フォレスターの取り組み~ 

チャレンジする林業現場の課題を追って 第2回 ・・・・54

美しい山づくり―自伐林家として実践から得た経営の三本柱 橋本光治

所有面積約100haの一自伐(自立)林家として、筆を執らせていただきます。今から二十数年前、県庁を退職されたか便りいただいた、昭和29年発刊の「森林計画時報」に一例として、我が家の森林経営の報告と、義祖父の講演話が「小林業経営談」として掲載されていました・・・・ 

レポート・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・66 

森林・林業再生のキーマン「認定森林施業プランナー」誕生

平成24年度資格認定者393名が4月から森林管理の担い手として活動 

森林・林業再生改革 市町村行政担当者のカンどころ◆後藤國利・・・64 

もし町長が交代したら、どのように政策の維持を継続していけばよいか。 

法律相談◆北尾哲郎・・・・・74
財産区有林や共有林を対象に森林経営計画を策定する場合に、法律上注意すべき点を教えて下さい。
●日本林業アーカイブス 森林鉄道の記憶―能代営林署管内仁鮒森林鉄道編―
 女性たちによる丸太の巻立て・・・9
●わがまち木造自慢 
 あやめ荘(愛媛県松山市)・・・61
●読者のお悩み相談/中越武義・・・72

 町づくりプランを地元の人間だけでつくりたいと思いますが可能でしょうか。

●インフォメーション ・・・・・・・・・・60
●全林協からの報告・・・・・68
●ひろば・・・・・・・・78
●表紙の人 仁田尾瞳さん 竹田直入森林組合(大分県)・・80
表紙●岩渕光則 フォト/ジョン・ギャスライト

 

この本を購入する