HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「現代林業」 > 「現代林業 2013年12月号」

出版物

現代林業 2013年12月号

雑誌月刊 「現代林業」

現代林業 2013年12月号

特集 今、大径材利用はどうなっているのか―市場のゆくえと活用方策を探る

著者 全国林業改良普及協会
定価 5,850(年間購読料/税・送料込み)円
ISBN ---
体裁 A5判 80頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。 

定価400円(本体381円送料76円)
年間購読料定価5,700円(本体5,429円送料込み)

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

【特集】 今、大径材利用はどうなっているのか―市場のゆくえと活用方策を探る

特集1  遠藤日雄・鹿児島大学教授が読み解く大径材問題のカギ―実態・課題と対策 

編集部:まずは大径材のニーズ、市場の評価について、遠藤先生に概観していただけますか。

遠藤:ここ数年の注目を浴びているスギの大径材問題とは何かということからお話したいと思います。まず、大径材で話題なった最近の身近な例というと、伊勢神宮の20年ぶりの式年遷宮の建て替え需要です・・・

特集2 大径材の用途、需要拡大に向けた研究開発 編集部

特集1で指摘があったように、多くの林業地では今後大径材の森林在庫が増大するため、その需要拡大に向けた努力が求められてきます。そこで、特集2では、大径材の用途分野を整理した上で、新たな需要開拓に向けた研修開発について整理・概観してみました・・・・

◆フォト・レポート ・・・・1 

大径材の魅力を活かす木造建築

木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄・・・34

スタンダード化で市場を拡大 ユーザーメリットを第一に考える

お役に立ちます!最新研究紹介・・・・・・・・・・・・・38

原木グレーディングマシンの開発   星川健史ほか

酒井秀夫の林業生産技術の現場をたずねて・・・・・・・・・・・・・・42
課題を発見する力、解決方法を整理する力を養う
第6回 久大林産株式会社(2)<大分県>
 
事業採算性の向上と人材育成の両立―人材育成のコストを見込む経営
 
ビジネス成功へ。木質バイオマス利用講座 ・・・・・・・・・48

第6回 燃料価格はいくらが適当か?    相川高信

前回は、「林地残材は集まるか?」という問いを立て、林地残材とは何かという問題を考えた上で、プラントの規模別の集荷範囲を考えてみました。そこで、今回はそのコストの問題を考えた上で、「燃料価格はいくらが適当か?」という問題について考えてみたいと思います・・・ 

林研グループが応援します!◆三重県/熊野林星会・・・54

体験を通して森や木に親しむきっかけづくり

普及員実践日誌◆高知県 林業普及指導員 宮崎信一・・・56 

森林組合等林業事業体に対する経営改善支援の取り組み

チャレンジする林業現場の課題を追って 第9回 ・・・・62

GISとの出会い、記憶と記録、地域での信頼をつなぐ 堀澤正彦

森林・林業再生改革 市町村行政担当者のカンどころ◆後藤國利・・・68
人工林の林齢平準化と更新伐をどのように指導したらよいか?
 
法律相談◆北尾哲郎・・・・・72
レッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている野鳥の生息が確認された場合には、伐採等に法的規制がありますか。
 
●日本林業アーカイブス 森林鉄道の記憶―能代営林署管内仁鮒森林鉄道編―
 一般の乗客の案内係・・・9
●インフォメーション・・・・66
●わがまち木造自慢 
特別養護老人ホーム えびの涼風園(宮崎県えびの市)・・・61
 
●総合目次 
●表紙の人 鎌田裕子さん 宮城県森林組合連合会ウッドリサイクルセンター・・80
表紙●岩渕光則 フォト●愛媛県森林局、大洲市、宮崎県椎葉村、村井保育園、新潟県森林組合連合会

 

この本を購入する