HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「林業新知識」 > 「林業新知識 2014年3月号」

出版物

林業新知識 2014年3月号

雑誌月刊 「林業新知識」

林業新知識 2014年3月号

特集「みんなでやるから楽しい!『木の駅』へ、ようこそ!」

著者 全国林業改良普及協会
定価 3,680(年間購読料/税・送料込)円
ISBN ---
体裁 B5判 24頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。

バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。

定価230円(本体220円送料68円)
年間購読料定価3,560円(本体3,391円送料込み) 

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

特集 「みんなでやるから楽しい!『木の駅』へ、ようこそ!」…1

丹羽健司さん(木の駅アドバイザー)

森下幸子さん(愛知県)

中井章太さん(奈良県)

吉村正春さん(福岡県)

「木の駅」が各地に広がっている中で、最近の顕著な特徴の一つが、「林研グループとして取り組むところが増えている」と丹羽健司さん(「木の駅」アドバイザー)は話します。その理由は何か。そこで、林研メンバーでもあり、各地の「木の駅」で奮闘中の3人が丹羽さんを囲み、それぞれの「木の駅」について語り合いました・・・

お悩み相談室「退職後のUターン。妻が地域に馴染めない…」…8
全国の「木の駅」地域通貨…9
山を継ぐ「田舎での子育てに価値がある」…10

杉 修次さん一家(岡山県)

岡山県西北部、高梁川上流に位置する新見市。杉修次さん一家が 古くより居を構える法曽地区は市 の南部。うねるような谷間に家が 点在する。「帰ると聞いたときは、私がびっくりした」 。こう語るのが昭和24年生まれの修次さん。 長男である光太郎さん家族の埼玉県からのUターン は、修次さんの予想よりずっと早 い時期であったからなのだ…

みんなで作ろう! 「手づくり香水」…12

くりやま女森ーの会(北海道)

こちら林業普及指導員です…14

大阪府・愛媛県

平成25年度全国林業経営推奨行事の受賞者…17
基礎技術シリーズ 分かりやすい造林・育林講座「どんな樹種を植えればいいですか? ヒノキ」…18

文・川尻秀樹(岐阜県立森林文化アカデミー教授)

日本書紀にはスサノオノミコトが胸毛を抜いて空中に放つと「檜」になり、その使いみちとして「瑞宮(宮殿)」をつくることが記されています。ヒノキの天然分布は、北は福島県いわき市平赤井(北緯37度10分)から、南は鹿児島県屋久島までで、太平洋側と内陸の小雪地帯に多く分布します…
 
読者コーナー…22
木材市況
全林協からのお知らせ…24

 

 

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 

 

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。
 

この本を購入する