HOME > 出版物 > その他制作物 > 「森林・木材と放射能性物質 福島の森林・林業再生に向けて」

出版物

森林・木材と放射能性物質 福島の森林・林業再生に向けて

その他制作物

森林・木材と放射能性物質 福島の森林・林業再生に向けて

福島県内での森林の放射能物質の現状、影響について総合的にまとめた冊子です。

著者 発行:林野庁 編集:全林協
定価 ---
ISBN ---
体裁 A4判 カラー28頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

   
 福島県内での森林の放射能物質の現状、森林からの生産物である木材、きのこ、その他特用林産物の放射性物質の影響について総合的にまとめた冊子です。

 本書に掲載される情報は、すべて行政機関、研究機関等による調査結果など、公開された情報を掲載しています。また、福島県の森林・林業・木材産業を再生させるための取り組みについて、行政機関等による公開情報を元にとりまとめています。

 放射性物質の影響については、国・県及び独立行政法人森林総合研究所などによってモニタリング、さまざまな調査が現在も継続して行われています。本書に掲載したデータは、そうした調査の現時点での結果についてもとりまとめています。
 本書をお読みいただくことで、森林・林業・木材などに関する放射性物質のあらましを総合的につかんでいただき、これからの森林・林業再生に向けた参考資料としてご活用いただけます。
(平成26年11月発行)
 
問い合わせ先:林野庁研究指導課 電話03-3502-8111(代)

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

●森林の多目的機能 
●福島県の森林・林業
●放射能に関する基礎知識
●福島県の森林における放射性物質の現状 モニタリング結果のあらまし
●森林内の放射性物質のあらまし
●ぼう芽更新木に含まれる放射性物質
●渓流水中の放射性物質
●森林整備による空間線量率低減効果
●森林整備による放射線物質等の移動
●森林内での放射線物質対策の技術開発に向けた取組
●木材(辺材・心材)中の放射性物質
●木材製品中の放射性物質
●木材で囲まれた部屋での被ばく量試算結果
●安全なきのこ生産に向けての原木きのこ栽培管理のガイドライン
●山菜、野生きのこ・栽培きのこの放射性物質 調査結果
●森林の除染の進め方 基本方針
●森林・林業の再生に向けて ふくしま森林再生事業
●森林・林業の再生に向けて 避難指示解除準備区域等での実証事業
●本冊子ご活用のお願い(本パンフレットの趣旨)/さまざまな情報源