HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「林業新知識」 > 「林業新知識 2018年3月号」

出版物

林業新知識 2018年3月号

雑誌月刊 「林業新知識」

林業新知識 2018年3月号

特集「GPS初心者向けガイド 林研グループの学習方法紹介」

著者 ---
定価 3,680(年間購読料/税・送料込)円
ISBN ---
体裁 B5判 24頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。

バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。

定価236円(税込み)(本体219円、送料70円)
年間購読料定価3,680円(税・送料込) 

専用のマガジンファイル好評販売中!
2年分(24冊)を穴を開けずに綴じられます。
詳細はこちらの商品ページより

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

「GPS初心者向けガイド
 林研グループの学習方法紹介」
しんしろ林研グループ(愛知県)

 機械の苦手な方には敷居の高いGPSに、林研グループとして
取り組んでいるのが「しんしろ林研クラブ」です。
 しんしろ林研クラブでは、グループで3台のハンディGPSを導入し、
会員に無料貸出を行っています。そして、講習会や個別指導を行って
会員の技術習得(境界情報の記録)をサポート。さらに、オリジナルの
マニュアルを整備して、電池の入れ方やボタンを押す順番といった
ごく初歩的な内容から手ほどきを行うという徹底ぶりです。
 その甲斐あって、まったくの初心者の状態から、
自山の境界をGPSで記録し、パソコンで地図上に表示して
データとして残すことを実現できた会員が増えてきています。
 どのように学び、使い方を覚えていったのでしょうか。
しんしろ林研クラブの皆さんの奮闘記をご紹介します......

山を継ぐ...1

「父と3人の息子で背負う会社
 山・製材・建築の一貫経営」
伊東宏一さん一家(京都府)

 京都府北部に位置する福知山市。
その市街地から離れた立原地区に看板を掲げるのが、
山のすべて(育林、間伐事業、特殊伐採)を扱う伊東木材株式会社と、
建築、土木、不動産を担う株式会社いとうである。
両社は一つ屋根の下にあり、木にまつわる川上から川下までを
一手に引き受けているのである......

お悩み相談室...17

「息子ではなく、孫を後継者として育てるには...」

Q 息子は山に無関心ですが、孫は興味があるようです。
後継者として育てたいのですが、どんなことに気をつければいいか......
(68歳・林家)

林研コーナー「みんなの人気者」...18

「定年退職後に故郷で林業に目覚める」
古澤俊朗さん(頸北林業研究会/新潟県)

こちら林業普及指導員です...20

林研グループがクリスマスツリーをプレゼント(秋田県)
「かいふの木の家」木製軽トラハウスの販売を展開(徳島県)

読者コーナー...22
木材市況
全林協からのお知らせ...24

この本を購入する