HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「林業新知識」 > 「林業新知識 2008年9月号」

出版物

林業新知識 2008年9月号

雑誌月刊 「林業新知識」

林業新知識 2008年9月号

技芸の風 「育林一筋50余年」 佐藤彦一さん(秋田県)

著者 全国林業改良普及協会
定価 3,560(年間購読料/送料込み)円
ISBN ---
体裁 B5判 24頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

定価230円(本体220円送料68円)
年間購読料定価3,560円(本体3,391円送料込み)

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

2 技芸の風

「育林一筋50余年」
佐藤彦一さん(秋田県)

少量多間伐による複層林施業、長期育成循環施業を行っている自伐林家の佐藤彦一さん(さとう・げんいち/74歳・県指導林家)。早くから作業道の開設に着手し、延長13㎞、路網密度300m/haに達している。1950(昭和25)年から造林を始め一代で築き上げた山は、佐藤さんの情熱の結晶だ・・・

6 WeLoveForest!林業研究グループ

市貝町木炭組合(栃木県)

8 彩る・楽しむ 山のデザイン実践講座

自分の生きざま描く
「生きがいの森」
藤田真寛さん(徳島県那賀町)

長年少しずつ手をかけてきた山ではあるが、藤田真寛さん(69歳)が本格的に通い始めたのは、退職を迎えた3年前から。枝打ちは10月から2月にかけて行い、下刈りは9月に一回。その他、自宅脇で苗木や山野草を育て、林内に移植する作業もある・・・

10 こちら林業普及指導員です

市有林の再生を市民とともに考える(大分県)
新たな調理法とレシピ集 徳地産椎茸をPR(山口県)

11 拝見!七つ道具

腰袋で携行短い柄のトビ
小幡唯さん(群馬県) 
写真・塚本哲

埼玉県にある夫人の実家で家業に従事していた小幡唯さんが、「自然を相手に体を使う仕事をしたかった」と、下仁田町森林組合へやってきたのは今から5年前。造林班で3年を過ごし、現在は林産班で素材生産を行っている。元々、ナイフを自作するなど、刃物を扱うことが好きだったこともあり・・・

14 藤森隆郎が訪ねる新たな森林管理の現場

広葉樹林の経営
田中裕さん(青森県南部町)

青森県八戸市に隣接する南部町の田中裕さんは、スギとアカマツを主体に長伐期施業による優良材生産と有用広葉樹の大径材生産に取り組む林業家。
 林床に光が入り、下層にケヤキなどの広葉樹が生えるスギ林やアカマツ林、クリやミズナラの多い広葉樹林など、所有林は樹種も樹齢もいろいろ。多様な林相の山をご案内いただきながらお話を伺った・・・

17 お悩み相談室 

「シカの食害が増えて困っています」

18 キラリ!山で働く女性たち⑨

 高田直子さん(岐阜県) 文・古賀菜穂子

19 山の資産管理術⑨

山の価値の計り方 文・広田史子

20 読者コーナー
21 切り抜きニュース・木材市況
22 表紙の人

「未来に希望を持って山造り」
垣内長太郎さん(奈良県)
 絵と文・長野亮之介 

平成13年に知事賞を受賞した約6反のスギ・ヒノキ混交林は林床に光が行き渡り、木々の間を抜けるそよ風が気持ち良い。「クヌギ山を自分で植え換えた山。切った木の片づけは村の人が手伝ってくれた。樹種転換も楽だったな」と垣内さん。代々の農林家だった。子どもの頃、祖父について炭焼に行ったり・・・・

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

この本を購入する