HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「現代林業」 > 「現代林業 2009年4月号」

出版物

現代林業 2009年4月号

雑誌月刊 「現代林業」

現代林業 2009年4月号

特集 実践例に学ぶ境界確認のカンどころ

著者 全国林業改良普及協会
定価 5,700(年間購読料/送料込み)円
ISBN ---
体裁 A5判 80頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。
バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

定価400円(本体381円送料76円)
年間購読料定価5,700円(本体5,429円送料込み)

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

特集  特集 実践例に学ぶ境界確認のカンどころ   

特集1 信頼を土台に、面的な視点で/編集部

森林境界確認の重要性は、以前から多くの方が指摘していましたが、どの地域でも今は「待ったなし」だと思われます。それには、大きく二つの意味があると考えます。
第一は、山林経営の世代間引き継ぎ、経営の持続です。
個人世帯の大事な資産である山林。その所在、境界、林況を知ることは、資産管理の前提です。境界はそのシンボルでしょう 

特集2 境界確認の実践例

(1)組合・「健康な森づくり推進隊」・地域リーダーによる境界確認
 岩手県釜石地方森林組合 高橋幸男
(2)協力員による円滑な境界確定と資源調査を同時並行
 宮崎県南那珂森林組合 江藤祐樹
(3)森林組合と団地管理組織と連携で境界確認
 岐阜県東白川村森林組合 安江章吉
(4)地域の「森づくり会議」が自主的に境界確定
 愛知県豊田市森林課 北岡明彦

◆フォト・レポート ・・・・1

誰もが楽しめる 森のクラフトパークへようこそ
森と人をつなぐ輪切り材・パズルクラフト

木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄・・・34

製材工場の経営 不況を乗り切る指導者像は?

林業生産技術ゼミナール 第4回◆酒井秀夫・・・36

架線集材の技術点検(2)

架線技術を使いこなすには、力の作用を理解しておく必要があります。架線技術に滑車は欠かせません。滑車は力の方向を変えるのに不可欠です。例えば、滑車を使って安全な場所からかかり木をチルホールなどで引き倒すことができます。また、動滑車は索にかかる力を半分にすることができます。現場で動滑車を使いこなすことができると、応用性が広くなります・・・ 

森と水 第14回 ―森林管理の現場から―◆藏治光一郎・・・42

地域型の情報管理を目指して―情報の共有手段としてのweb―GIS

先進国型林業のマネジメント―その法則を探る4◆相川高信・・・48

行政の第一の役割は規制・監視である

今回は、国家レベルでの森林経営に不可欠な行政の役割について考えてみます。
今日では、森林が持つ公益的機能は誰もが認めるところとなっています。ところが、「一般的に、森林所有者は、専門家が望むような行動をとらない」という問題があります。これは、スウェーデンの森林行政の背景にある考え方で、少々、どきっとするような言葉ですが、「だからこそ相互理解と合意形成が必要である」と結ばれています。そのため、森林所有者は、法律により伐採や施業に関する規制を受けることになります・・・

地方自治体発・森林環境税 第27回◆和歌山県・・・52

みんなで支え合う紀の国の森 

林研グループが応援します!◆山口県/豊田流域林業研究グループ連絡協議会・・・56

低コスト搬出間伐元年! 吸収源対策を起爆剤に

普及員実践日誌◆大分県林業普及指導員 飯田千恵美・・・58

乾しいたけ生産における担い手育成の取り組み 

法律相談室●北尾哲郎・・・・・・72

県道復旧工事に当たっていた請負業者のワゴン車に市有林のブナが倒れて全損した場合に、倒木の所有者である旧慣使用地の集落に賠償責任がありますか? 

提案型集約化施業のカンどころ◆坪野克彦・・・・64

森林施業プランナーが集結 第2回全国提案型施業事例発表会

 先月25日に、第2回全国提案型施業事例発表会が東京で開催され、約350名の参加者が来場しました。全国的に提案型施業が定着し、その取組み事例も増加していることから、丸1日かけての開催となりました。
 発表会では、「森林施業プランナー育成研修」を開催した全12ブロックから、各1森林組合が代表として発表してもらいました。そのほかに、提案型施業をサポートする取り組みとして、群馬県森林組合連合会と、岐阜県庁が口頭発表に参加、今年度から始まったステップアップ研修の参加組合を代表して2森林組合が、ここ数年間の取組みについて発表しました・・・ 

●山村クラフトへのいざない 樹の椀 時松辰夫・・・9
●わがまち木造自慢・・・63

兵庫県川辺郡猪名川町立大島小学校(兵庫県猪名川町)

●新・地域リーダー列伝 静岡県 山内秀紀・・・64

地域林業の健全化の牽引役を担う 県民税を契機に地域の取りまとめ

●読者のお悩み相談/藤森隆郎・・・74 

森の温もりをお届けします 森や木をPRする林業の営業マン

●インフォメーション・・・70
●読者のお悩み相談/藤森隆郎・・・76

我々は単なる肉体労働の提供だけであってよいのか。

●表紙の人・・・80

北野充美さん 立山山麓森林組合(富山県)

表紙/岩渕光則
フォト/藤田久男・廣野淳三 

この本を購入する