HOME > 出版物 > 林業改良普及双書 > 「林業改良普及双書 NO.175 事例に見る 公共建築木造化の事業戦略」

出版物

林業改良普及双書 NO.175 事例に見る 公共建築木造化の事業戦略

林業改良普及双書

林業改良普及双書 NO.175 事例に見る 公共建築木造化の事業戦略

クリアーすべき課題と手順、手法、実践ノウハウがここに

著者 全国林業改良普及協会 編
定価 1,188円 (本体1,100円)
ISBN ISBN978-4-88138-300-1
体裁 新書判 256頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。  

  地域のシンボルとなる公共建築物の木造化・木質化を実現した事例には、さまざまなノウハウを見ることができます。

 予算確保、計画作成方法、関係機関や地域での合意形成、調査・設計上の工夫、加工・施工の技術的工夫、地域材など木材調達の方法、工法の工夫、コスト低減の方法から、耐火、設計条件規制のクリアー、メンテナンスの改良などです。

 なぜ可能になったのか。その方法をズバリ紹介しています。

 

 

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

著者プロフィール

全国林業改良普及協会 編

本書の著者・取材協力者
赤堀楠雄(あかほり くすお) 林材ライター
1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。
10年あまりにわたる林業・木材業界新聞社勤務を経て、1999年より林業・木材・木造住宅分野専門のライターとして活動。 著書に『林業改良普及双書No.165 変わる住宅建築と国産材流通』、『有利な採材・仕分け 実践ガイド』(編著)(いずれも全林協)、『よくわかる最新 木材のきほんと用途』(秀和システム)などがある。
月刊誌『現代林業』などに連載中。

事例編Ⅰ 上天草市庁舎(熊本) 取材協力
事例編Ⅱ 茂木中学校(栃木) 執筆
事例編Ⅲ 井之頭区民会館(静岡) 取材協力

主要目次

事例編Ⅰ 上天草市庁舎(熊本)
「総力戦」で実現した木造3階建て庁舎
  熊本県上天草市役所・松島庁舎兼保健センター
 
事例編Ⅱ 茂木中学校(栃木)
フルオーダーメードの木造校舎
  ~栃木県茂木町立茂木中学校
 
事例編Ⅲ 井之頭区民館(静岡)
住民が企画、設計、材料調達 
  -具体的な利用に配慮したコンパクトな公共建築物~井之頭区民館(静岡県富士宮市猪之頭) 
 
解説編Ⅰ 合意形成活動手法
研修、学習活動、イベント、説明手法
木造・木質化の意義・評価 
 
解説編Ⅱ 材の調達、設計・施工、発注
仕様情報開示
材の調達
発注 
設計・施工・工法
 
解説編Ⅲ コスト把握、コスト低減
コストの把握手法
コスト低減の工夫
 
解説編Ⅳ 維持管理
維持管理の手法・技術
維持管理体制の工夫
 
資料編
木造建築の担当者の工夫と課題
公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律
 

 

関連おすすめ書籍

この本を購入する