HOME > 出版物 > [単行本] 技術を伝える本 > 「現場図解 道づくりの施工技術」

出版物

現場図解 道づくりの施工技術

単行本技術を伝える本

現場図解 道づくりの施工技術

現場作業がズバリわかる!
写真とイラストで、ツボを図解!
土工、丸太組、ヘアピンカーブ施工、水処理、各種工法の実際

著者 著者 岡橋清元
定価 2916円 (本体2700円)
ISBN ISBN978-4-88138-305-6
体裁 A4変形版 96頁カラー

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。  
本書は、「壊れない道づくり」のための現場従事者、技術者に必携の一冊です。
 
著者は、現場の先頭に立って、35年間にわたって、道づくり(設計・施工・管理)を実践してきました。
 
本書では、著者と社員(清光林業株式会社)が、日頃の道づくりの実践や経験から得た知見、技術ノウハウ、工夫などを整理・集約し、たくさんの写真とイラストでわかりやすく紹介しています。

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

著者プロフィール

著者 岡橋清元

岡橋清元(おかはし・きよちか)
1949(昭和24)年、奈良県橿原市生まれ。
吉野林業地で代々山を経営する清光林業株式会社会長(創業家当主)。
林業の修業先で路網の必要性を痛感し、1979年所有林で道づくりに取り組むが、大規模崩壊が発生し中断。翌年道づくりの講師として吉野を訪れた大橋慶三郎氏と出会い師事。大橋氏の指導のもと、自らが現場に立って先の崩壊地の道を修復。以来、道づくりの実績を積み上げ、伝統ある林業地で新しい山林経営を行っている。
著書に『写真図解 作業道づくり』(共著/全国林業改良普及協会)

主要目次

01 ルート踏査時の指示
02 粗道づくり
03 切取法高は低くする
04 土質の確認
05 支障木の伐倒
06 根株を掘る
07 岩を割る
08 石を利用する
09 土留工
10 谷側法面(盛土)の押し込み締固め
11 ふとん篭の施工
12 ふとん篭による道の張り出し
13 ふとん篭施工の実際
14 ふとん篭の積み上げ位置
15 ヘアピンカーブ踏査
16 ヘアピンカーブの基本形
17 ヘアピンカーブ施工
18 ヘアピンカーブの張り出しの施工
19 いろいろなヘアピンカーブ
20 連続するヘアピンカーブの施工
21 下りながらのヘアピンカーブの施工
22 ヘアピンカーブ周辺木の伐採判断
23 路面処理工の基本ポイント
24 路面処理工-路肩部分を掘る方法
25 路面処理工-路面を掘って、桁、横木を入れる方法
26 路面処理工で路面高を調整する-路面を掘らずに丸太を埋設する方法
27 路面処理工で路面高を調整する-応用編
28 バラス(路面の敷き砂利)
29 裏積工
30 路面の水切り
31 ヘアピンカーブでの水切り
32 洗い越し
33 洗い越しの谷組と裏積工
34 凹地での水の処理
35 支線への分岐箇所
36 Uターン場所の施工
37 入口の施工
38 道を使った作業システム
39 風景にとけ込む道づくり
 

関連おすすめ書籍

この本を購入する