HOME > 出版物 > 林業改良普及双書 > 「林業改良普及双書 NO.180 中間土場の役割と機能」

出版物

林業改良普及双書 NO.180 中間土場の役割と機能

林業改良普及双書

林業改良普及双書 NO.180 中間土場の役割と機能

「中間土場」が林業を変える。

著者 遠藤日雄
酒井秀夫
長谷川尚史
白澤紘明
兵庫県立農林水産技術総合センター森林林業技術センター
速水 亨
田中 忠
小林耕二郎
岐阜県森林組合連合会
共著
定価 1,188円 (本体1,100円)
ISBN 978-4-88138-321-6
体裁 新書判 164頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

   

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。  
 
いま、中間土場のさまざまな機能が注目されています。
造材・仕分け機能、ストック機能、配給、在庫調整機能、さらには中間土場の管理組織整備により価格交渉機能、与信機能、情報共有機能にまで期待が寄せられています。
中間土場機能をアップさせ、効率化を図り、事業体経営を安定させる手法とは。
中間土場のコスト分析、中間土場の設置・活用事例を紹介。
さらには、林業サプライチェーン構築における中間土場の位置付け、役割を経営的視点および技術・機能的視点で整理しました。

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

■ 解説編1

・対談 遠藤日雄(鹿児島大学教授)×酒井秀夫(東京大学大学院教授)

「中間土場」とは何か-その機能と役割を探る
 中間土場とは―発展経緯
 中間土場に期待される機能
 中間土場を活用する技術
 中間土場が後押しする地域サプライチェーンの創出
 
■解説編2
 
・中間土場の費用分析と原木流通費の低減効果
 
       京都大学フィールド科学教育研究センター森林生態系部門 森林育成学分野准教授/長谷川尚史
         京都大学フィールド科学教育研究センター/白澤紘明
         兵庫県立農林水産技術総合センター森林林業技術センター木材利用部                                                
      
  
 中間土場での原木仕分け費調査
 原木流通における輸送車両の選択と中間土場設置による輸送費の低減効果
 中間土場の配置と交通費の関係
   
 
■事例編
 
・サテライト土場へ長材のまま運材・造材 仕分け・販売は市売企業に委託
                                                          速水林業代表/速水 亨
                                                                                
・A材は山土場から地元製材所へ直送 B材以下は中間土場経由で出荷
                                                北信州森林組合総務課長/田中 忠
                                                                                
・中間土場で森林所有者・出荷先ごとに細かく選別、需要先へ直送
                                            日吉町森林組合業事業課長/小林 耕二郎
 
・流通センター機能を持ったコンパクトな中間土場
                                            有限会社 安田林業<まとめ・編集部>
 
・生産現場直近の山元土場で仕分け 需要家に直販
                                                株式会社泉林業<まとめ・編集部>
                                                                                
・山元から定価で製材工場へ直送
                              岐阜県森林組合連合会 岐阜木材ネットワークセンター

関連おすすめ書籍

この本を購入する