HOME > 出版物 > [単行本] 技術を伝える本 > 「業務で使う林業QGIS 徹底使いこなしガイド」

出版物

業務で使う林業QGIS 徹底使いこなしガイド

単行本技術を伝える本

業務で使う林業QGIS 徹底使いこなしガイド

徹底した網羅的解説の決定版

著者 喜多 耕一
定価 5,832円 (本体5,400円)
ISBN ISBN978-4-88138-348-3
体裁 A4判 552頁 オールカラー

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

 フリーソフトだから、全員で使えてデータ共有!

 

便利なデータ処理、地図化、ファイル作成が今すぐに。

「ここを説明してほしい」を項目別にていねいに解説。

すごい資料作成が可能に。

 

●本書で学ぶ主な操作解説内容

・QGISインストール

・ファイル保存

・データの入手・準備

・ファイルの作成・変換

・座標系の説明ガイド

・属性データの整理

・地図の作成・表示

・地図の印刷

・長さ、面積を測定・計算する

・紙地図をQGISで使う

・応用利用事例

・GPS関連の操作

・GoogleEarth関連の操作

 

QGISデータの共有方法

QGIS解説サイトや質問掲示板案内

など、実務

 

 

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

著者プロフィール

喜多 耕一

 1990年に高校を卒業し北海道庁に入庁。興部(おこっぺ)林務署を振り出しに、2017年に後志(しりべし)総合振興局森林室で道職員27年目を迎える。仕事は治山事業、林道事業の設計監督を行う森林土木一筋。
 職場で受けたGISの研修で、地図でいろいろな事ができることに衝撃を受けGISを使いたいと思うが、職場に1台しかない現実からしばらくはGISを利用しなかった。そんなある日、無料で使えるQGISの存在を知り、職場でQGISをなんとか使おうと考え、職場研修会などを行う。
 また、自身のブログ『森林土木MEMO』(http://koutochas.seesaa.net/)でも、QGISの使い方を紹介したり、研修会の資料や自作のマニュアルなどを公開。現在も更新・発信し続け、その活動の甲斐もあって、北海道の道有林ではQGISを標準で使うようになった。
 様々なイベント等でもQGISを森林GISとして使う方法を紹介する機会もあり、全国林業改良普及協会の月刊誌「現代林業」でも2015年5~9月号でQGISの連載も行った。

主要目次

 1章 QGISとは

2章 QGISの準備

3章 データの準備

4章 座標参照系(CRS)

5章 インターネット地図を使う

6章 レイヤ操作

7章 ベクタレイヤの地図表現

8章 ラスタレイヤの地図表現

9章 ラベル

10章 属性データを操作する

11章 ベクタレイヤの編集

12章 高度なベクタ編集

13章 地図の印刷

14章 紙地図をQGISで利用する

15章 場面で描くQGISの活用

16章 職場でQGISデータを共有するために

17章 資料編

 

●操作説明内容

QGISの操作

インストール

ファイル保存

データの入手・準備

ファイルの作成・変換

属性データの整理

地図の作成・表示

地図の印刷

長さ、面積を測定・計算する

紙地図をQGISで使う

応用利用事例

GPS関連の操作

GPSで記録した軌道をQGISに表示する

GPSで記録したポイントでポリゴンを作る

デジカメ+GPS同期させ、写真から地図ポイントを作る

QGISポイントデータをGPSで表示する

GoogleEarth関連の操作

小班や路網データをGoogleEarthに表示する

KMLファイルをGoogleEarthに表示する

 

 

関連おすすめ書籍

この本を購入する