HOME > 出版物 > 林業改良普及双書 > 「No.154 列状間伐の考え方と実践」

出版物

No.154 列状間伐の考え方と実践

林業改良普及双書

No.154 列状間伐の考え方と実践

現状の突破口、「列状間伐」に取り組む、全国各地の事例を紹介。

著者 植木達人 編著
定価 1,188円 (本体1,100円)
ISBN ISBN978-4-88138-175-5
体裁 新書判

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。

各地で導入が進められている高性能林業機械を生かす方法として、より効率的で低コストな列状間伐が注目され、各地で普及され出した。列状間伐の得失・特性を踏まえるなら、安定的に収入を得ながらの森林造成も可能であり、現状を打開する突破口として期待できる。
本書では、列状間伐の種類、条件、課題などを紹介するとともに、林分や地利、経営状況などに合わせ、工夫・改善を凝らして列状間伐に取り組んでいる全国各地の事例を紹介する。
 

主要目次

第1部 列状間伐の考え方
1章 間伐の定義と列状間伐

 1 間伐とは何か
   間伐の読み取るべき2つのポイント
 2 列状間伐の考え方
   列状間伐の歩み/列状間伐の種類と特長/列状間伐を検証する

2章 列状間伐に関する懸念と議論

 ためらい その1/その2/その3/その4/その5/その6

3章 列状間伐の方法と搬出システム

 1 列状間伐のパターン
 2 伐出作業
 3 林道と土場(作業ポイント)

4章 労働生産性と素材生産費に関する評価

 1 労働生産性の評価
 2 素材生産費の評価

5章 今後の展望と課題
第2部 列状間伐の実践
1章 <北海道>十勝中央森林組合における列状間伐の取り組み 

道内有数の十勝中央森林組合/高性能林業機械導入の経緯/高性能林業機械を活用した伐出作業システム/列状間伐による間伐事業費の低減/列状間伐を行う上での配慮や工夫/増大が予想される高性能林業機械による列状間伐

2章 <秋田県>長期育成循環施業で帯状間伐(択伐)と再造林

秋田県の森林資源と森林整備の現状/「長期育成循環施業」導入のための県の取り組み/仙北地域振興局の取り組み/田沢地域の特徴と長期育成循環施業導入の経緯/大深団地の長期育成循環施業/田沢地域における今後の取り組み

3章 <埼玉県>秩父広域森林組合における列状間伐の現状 

秩父地域の概要と秩父広域森林組合/「緊急間伐対策」で列状間伐を導入/列状間伐の方法/地形に合わせた搬出方法/今後の課題と展望

4章 <長野県>信州型搬出法による列状間伐の取り組み

北信木材生産センター(協)が確立したハイリード式搬出法/タワーヤーダとジグザグ滑車との組み合わせで効率アップ/システムで作業する/魚骨状間伐/県内での普及を図る

5章 <静岡県>間伐率40%で20年間放置できる天竜セミ列状間伐 

天竜セミ列状間伐を誕生させた背景/天竜セミ列状間伐の実際/何のために施業を行うのか、を念頭に

6章 <愛知県>「低コスト木材生産システム」の列状伐採(間伐)-新城森林組合

愛知県の森林・林業・木材産業の特徴/「低コスト木材生産システム」の導入と普及指導/「低コスト木材生産システム」による列状伐採(間伐)/林業再生をめざす

7章 <兵庫県>『鵜縄式間伐』から始まる原木供給団地形成と長伐期施業 

公費負担で進む間伐だが、課題は間伐材の利用/列状間伐と従来の間伐を組み合わせた『鵜縄式間伐』/団地形成による原木供給に向けての計画づくり/新しい森林の管理・更新システムに向けて/長伐期施業による巨木の森づくり

8章 <岡山県>列状間伐の低コスト化に取り組む(株)戸川木材

岡山県の列状間伐に対する取り組み/岡山県の高性能林業機械/(株)戸川木材のなりたち/(株)戸川木材の機械化への取り組み/機械装備と作業システム/従業員/今後の方針

9章 <徳島県>徳島中央森林組合の列状間伐をはじめとして

高性能林業機械の導入まで/列状間伐の導入/導入後の活動/「林業再生プロジェクト」へ

10章 <高知県>香美森林組合の列状間伐への取り組み

地域の概要/香美森林組合の概要/施業と団地化/低コスト化への取り組み/列状間伐の方法/列状間伐の使用機械/よりきめ細かい作業をめざして

11章 <長崎県>森林所有者に収益を還元できる列状間伐

列状間伐導入のきっかけ/所有者に収益を還元できる間伐をめざして/より高い効率のシステムを/列状間伐のポイント/所有者との信頼関係で安定的な素材生産ををめざす

この本を購入する