HOME > 出版物 > [単行本] 森林と林業を知る本 > 「森のセミナーシリーズ No.1 森と水-水を育む森、森を育む水」

出版物

森のセミナーシリーズ No.1 森と水-水を育む森、森を育む水

単行本森林と林業を知る本

森のセミナーシリーズ No.1 森と水-水を育む森、森を育む水

森林の水源かん養機能について専門知識がない読者でも理解できるようイラストで図解したのが本書です

著者 全林協編
定価 1,080円 (本体1,000円)
ISBN ISBN4-88138-063-X
体裁 A4変形 56頁 2色刷り

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。

【本書のねらい】               
森林の水源かん養機能について専門知識がない読者でも理解できるようイラストで図解したのが本書です。単なる技術解説書ではなく、私たちの生活の接点から水を考える発想や活動も楽しいイラストで紹介され、青少年はもとより広く一般に水源の森を考えてもらう絶好の副読本です。
また、水源かん養機能やその機能を高める森林施業技術などを分かりやすく整理したイラスト本として、専門家もぜひご活用下さい。

2005年7月20日 改訂版発行

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

Part 1水と私たち
あなたは、水を気づかっていますか
身近なところから 
森と水を考える視点
森と水を考えるキーワード
Part2 森林と水の科学
1. 流域と私たち―水源地から都市まで
2. 森林生態系での水循環
3. 樹木内を動く水と蒸発散
4. 森林の水源かん養のしくみ
5. 水と土を保全する理想の森とは
6. 森林がおいしい水をはぐくむ
7. 海と森林の関係
8. 森がなくなると海はどうなる
Part3 水をはぐくむ森づくり
1. 水をはぐくむ森づくりのポイント
2. 水源かん養機能の高い森
3. 河川をまもる水辺林
4. 水辺林の機能
5. 自然がはぐくむ水辺林
6. 自然と折り合い、水辺林を守る
7. 生物の生息場を豊かにする
8. 豊かな渓流づくりの工夫
Part4 森と水をまもる人々
地域の水源林をまもる住民たち
「日本一の水」を通じて林業の村からメッセージ発信
水源の村と都市との交流
水道水源林をまもる
海をゆたかにする森づくり
Part5 森と水のアクティビティ
家庭で/家の水利用しらべ、節水調査
地域で/森と水に関する調査
地域で/上流と下流をつなぐ活動
個人・学校・地域で/アート・創作・PR活動
地域で/森と水のシンボルの場所
地域・学校で/森と水をまもる森林・林業教育プログラム
情報コーナー

関連おすすめ書籍

この本を購入する